MAXおしゃクソ。

中学生から付き合って今に至る夫婦の日常と雑談。

私と旦那のアレやコレ-第1話-

  f:id:honamiik14:20180108151619j:image

 

皆さんどうもHonamiです。

これは夫婦のアレコレや「好き」を綴るブログです。

 

今日は、ブログを作ろうと思ったきっかけでもある

我が旦那について少し書いてみますん。

 

まず、が旦那は私と同じ青森県の出身で

なんとびっくり地元も一緒でございます。

付き合ったのは中学1年生の冬(2/14/2017)

当時の私は恋に恋する思春期の女の子で

(なぜですかね、おそらく都会のドラマに影響されて)

とにかく彼氏を欲してました、彼氏という存在を。

 

 

バレンタインの2週間前にWデートに誘われて

彼女側の付き添いとして私が、

彼氏側の付き添いとして彼がそれぞれ参加して

そこで初めてしっかりお話しました。

 

その時の私の彼への印象は皆無(笑)

強いて言えば、

見た目より話すことがしっかりしてるな〜とか

案外普通の人なんだな〜とか。

(彼に対してどんだけ悪いイメージを持ってたのでしょう)

 

そして3日後に来たるバレンタインに向けて

何を作ろうかな、男子は誰にあげようかなと、

お風呂の中で粛々と計画を立てていたところ

ふと、パッと、ピリッと

あのダブルデートの時に話した彼の顔が浮かびました。

 

…いやあ

 

…いやあ、無いでしょ、あり得ないでしょ

 

…別に好きになったとかじゃないでしょ

 

と必死に否定しようとしましたが

次の日友達に

「あんた○○(旦那)のこと好きでしょ!」と

超ど直球で聞かれ、そこで自分も気づいたのです。

 

 あ!好き!かもしれない…!!と。

 

ま、そこまで気づいてしまったら止められません。

恋する乙女は強いです。

恋する中学生女子の勢いはハンパないです。

まじこの世の中で最強です、まじで無双です。

 

 

そして当日、

このチャンスを使って彼氏作るぞ!と意気込み

半分ノリで「付き合ってください!」と伝えたら

速攻で「いいよ」と言われました(笑)

 

それが我々の始まりです。

 

あの時ダブルデートに誘ってくれた

Mちゃん、Sくん、ありがとう!!(笑)

 

さて、付き合ってみたはいいものの

何をすれば「彼氏と彼女」なのかサッパリ分からず

我々は混沌とした時間を送り…ついに…

 

 

と言ったところで今日はおしまい!

 

不定期で更新する予定なので、

続きが気になる方は読者登録をオススメします。

 

それでは。